ページトップへ

企業概要

ミッション

新生ミャンマーの未来を支える優秀な人材に日本語その他日本で技能実習するために必要なことを教えて、日本の優良な実習実施企業様に送り込み、そこで先進の技能・技術・知識その他を習得してもらい、ミャンマーに帰国後はミャンマーの発展を担い、日麺両国の懸け橋となる人材を生み出すこと。

現地法人

桜富士テクニカルアカデミイ(株)とは
2014年7月7日会社設立、2015年5月28日送り出し機関として労働省の認可を受け業務を開始。2018年5月に送り出し機関の更新をし、2020年5月まで有効の認可を頂き営業中です。 現在、関東圏・中部圏・九州圏で計8社の組合様と協定書を取り交わしており、2015年11月以降現在まで、北海道・栃木・茨城・千葉・三重・大阪・兵庫・福岡・熊本・長崎・宮崎・大分・鹿児島の各企業様に300名余の実習生を送り出しました。 ミャンマー現地法人について

日本法人

桜富士テクニカルアカデミイ(株)日本事務所
ミャンマーの桜富士テクニカルアカデミイ(株)の設立と同じ2014年9月1日に東京都台東区に同名の日本法人を設立。ミャンマーの桜富士テクニカルアカデミイ(株)の業務を支援し、Hmawbi Japanese & Care-Technical Training School(モビ日本語と介護学校)の建設を支援・指導し、日本人教師の送り込みに始まりミャンマーの桜富士テクニカルアカデミイ(株)の業務をサポートした。 また日本国内においては、事務所内にミャンマー人のコーデイネーターを正社員として雇用し、技能実習生が企業様で十分仕事に取り組めるように、サポートさせて頂いております。 日本法人について